"みんなでつくろう、これからの医療プロジェクト"
People’s Power flow into Healthcare:PPH
「病気があっても大丈夫と言える社会」の実現に向け、あらゆる人が
立場を超えてこれからの医療を一緒に考え、創っていくためのプロジェクト
イベント

【6/4】みんなでつくろう、これからの医療プロジェクト みんつくゼミナール2022①「『思い込み』と『すれ違い』を無くそう」を開催します。

みんなでつくろう、これからの医療プロジェクト<People’s Power flow into Healthcare : PPH>は、あらゆる人が立場を超えてこれからの医療を一緒に考え、創っていくためのプロジェクトです。
病気をもつ人、ライフサイエンス企業、医療者、研究者といった立場の異なる人たちが協働し、これからの医療をつくるにはまずお互いを知ることが必要であることから、みんなでつくろう、これからの医療プロジェクトでは「みんつくゼミナール2022」と題して全5回のセミナーを開催します。
 
6月4日(日)開催の第1回は「思い込み」と「すれ違い」をテーマに、医療を取り巻くあるある事例を紹介し、立場の異なる人たちが互いを知るとはどういうことなのかを検討します。講師には公益財団法人がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水 研氏をお迎えします。
 
自分が良かれと思ってとった行動が、期せずして相手の気持ちを傷つけることがあるかもしれません。でも、立場が違えばズレが生じるのは当然。少しでもお互いの状況を良くしようという想いは一緒です。この機会にぜひ「思い込み」と「すれ違い」について一緒に考えてみませんか。

【開催概要】

■開催日時:6月4日(土)13:00~15:00
■開催方法:Zoomウェビナー
■参加費:無料
■詳細・申込: https://bit.ly/3MI2mPO

■プログラム
<事例紹介>    :もしかしてあるある?医療をとりまく「思い込み」と「すれ違い」
<講演>      :清水 研氏(公益財団法人がん研有明病院 腫瘍精神科部長)
<ディスカッション>:みんなでつくろう、これからの医療プロジェクトメンバーによる、さまざまな立場から考える「思い込み」と「すれ違い」について

■主催:一般社団法人ピーペック みんなでつくろう、これからの医療プロジェクト
■共催:グリーンルーペ、認定NPO法人希望の会、NPO法人患者中心の医療を共に考え共に実践する協議会(JPPaC)
■協賛:アステラス製薬株式会社、EAファーマ株式会社、第一三共株式会社、武田薬品工業株式会社、日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社